日本語ホームページへようこそ!!
私達は日系企業の業務管理に最適なシステムをお作りしています
                 
――― 目 次 ―――
当社の
技術指向
技術指向
所在地
連絡網
創立日
アクション・ヒストリー
資本金  
年 商
社 員
業務内容 
取引先
沿 革
役 員

 

当社の特徴
1. システムの構想から完成まで、ユーザーの経営管理者の方々とすべ て日本 語で打合せを行いますので意思の疎通は万全です。
2
当社は台湾で最初にシステム開発に近代工法を取入れた企業で、開発経験・技術力において他社を凌駕する自信を持っています。
3
必要に応じ、ユーザーの日本サイトと当社(日本本社)との緊密な技術 交流を行いますので言語、システム環境の異なる日台間でも問題の解決が容易です。この方法はインターネットによるデーター交信の確立に極めて有効な手段です。

 

技術指向
製造業では「CAD」「CAM」等、設計・製造用のコンピュータ支援  ソフトが既に広く普及してますが、システム開発においても同様に コンピュター支援による2種類の「CASE Tool」(Coputer Aided Software Engineering Tool)という開発用ソフトが出現  しており、これによる開発が最も進んだ技法です。
ご参考までに両者の相対関係を示すと以下の通りです。
 ・CAD……… Upper CASE(システム基本設計用)
 ・CAM/AF…Lower CASE(プログラム設計/製造用)

台湾でこうした最新技術を駆使して開発を行っているソフトハウスは 当社が唯一と言えます。

 

所在地   台北市114内湖區内湖路一段250號3樓

絡網   

TEL:+886(02)8752-3100
FAX:+886(02)8752-3105
http://www.kensystem.com.tw/
[日本語受付](担当:小美濃)
TEL:+886(02)8797-3280
FAX:+886(02)8752-3105(共通)
E―MAIL:omino@kensystem.com.tw
創立日 1992年1月8日
沿 革 弊社は1992年、日本のシステム開発会社が台湾の優れたコンピュータ技術力 、日本語読解力に着眼し、(実際に数年後にはパソコン王国として開花)日本企業と のオフショアービジネス展開を目指し、当時既にTDKの日本語システムの英語化オ フショアーを行っていたTDK−MIS(TAIWAN)の第一線で活躍約中のメーバーの委 譲を受け、創立した会社です。
役 員  董事長   李廷浩 (職歴:TDK MIS TAIWAN 開発部長)
総經理 李廷浩 兼任
  副総經理 黄宏誌 (職歴:TDK-MIS 技術担当課長)
    営業担当
  副総經理 議徳 (職歴:TDK-MIS 開発技術担当課長)
      技術担当
    董 事 小美濃壱夫  日本企業担当(駐在)
  (職歴: TDK MIS TAIWAN代表者)
  顧 問 和田堅志郎 (職歴:日本IBM大阪所長)
  顧 問 范育材 高平聯合会計師事務所 総經理
      (一ツ橋大学 経営学部卒)
資本金 NT$40,000,000.− 
年商  1億元
社 員 40名

業務内容
 1.
業務システムの受託開発(中国語/日本語/英語に対応)
生産管理システム
  営業管理システム
  人事・会計システム
2.
パッケージ・ソフトの導入
  MFG/PRO(QAD社製品)による企業業務統合システム の構築(部分導入も可能です) ERPEnterprise Resource Planning)方式のパッケージ で約半年で統合システムが構築できます。
  日本製品の輸入販売業務パッケージ 最近急増している日系企業の輸入販売専用の割安なパッケジで、カストマイズも可能です。
 3. システム開発用CASE Tool の導入・技術コンサルタント
  ソフトハウスや企業の情報システム部門を対象としています。
  XupperUpper CASE Tool 当社(日本本社)が開発した、日本企業向けに徹した、システム基本設計には欠かせないソフトです。日本では、NTT等大手情報産業各社で採用されてるToolです。
  COOL 2ELower CASE ) CA社製のIBM 社製AS400用のプログラミング用ソフトです。
  COOL Plex Lower CASE CA社製の汎用的なプログラミング用ソフトです。
4.
ソフトの言語変換業務
  当社の言語変換プログラムにより以下の変換を行っています。
  日本語 ⇔ 中国語
  日本語  英 語
    語  中国語

取引先  1.日系企業(通称/敬称略/順不同)
  ・リコー ・キャノン ・パイロット ・デンソー ・アマダ ・ヤマハ  
    カシオ ・タバタ ・トヨタ ・NEC ・TDK ・TOSHIBA ・スバル  
    MATSUSHITA ・ノエビア ・オリックス ・東京オートリース  
   2.台湾企業   
    約110社 詳細は中文ページをご覧下さい。  
アクション・ヒストリー=====準備中です======